NPO法人みえスマ.とは


使命

どんな時も、建て主視点で!
できるだけ、分かりやすい言葉で!
あくまで、公平に!徹底的に、楽しんで!
親兄弟にアドバイスするように、親身に・本音で。

自分に合った住まい・暮らしづくりのために
生活者が知るべきことを、知り・学び・相談する場を提供します。

みえスマのお役立ちイメージ

figure

基本方針

  • 作り手でもなく、施主でもない、完全な第三者の立場で、透明な家づくり社会の実現を目指します。
  • 相談者には自分の家族のように親身に、そして本音で関わります。
  • 生活者が欲しい情報が手に入るように、ITを活用してプロ側の情報発信のサポートをします。

設立趣旨

生活の基本の柱として“衣食住”の3つがあげられます。この住という分野では、様々な問題が起っています。欠陥住宅、シックハウス等は訴訟問題になり、悪質訪問リフォーム営業ではお年寄りが多くの被害に合う悲しい現状が続いています。また、住宅ローン破産という、せっかく購入し家を手放し、ローンだけが残った生活や一家離散という厳しい知らせも多く耳にします。

私たちはそれらの原因を次の5つだと考えています。

 1.生活者が勉強する場が無い
 2.偏った情報の流布
 3.プロ側の知識不足
 4.コミュニケーション不足
 5.完全な第三者による相談やアドバイスを受ける場が無い

これら5つを改善できれば、“家は三回建てないと満足できない”と言われるような事態を避けることができ、上記の様々な大きな問題はもちろん、“後悔”をできるだけ減らすことができると考えています。

私たちが考えるすまいづくりの理想の流れは、自分の家族の理想を知り、それを伝える準備をし、いいプロと出会い、自信を持って決定し、家づくりに参加することだと考えています。
そのための生活者の支援事業はもとより、子どもたちへの住環境教育やプロ側と共に業界の問題を改善していく仕組み、完全なる第三者となる人材の育成や地域の住文化・建築技術の継承と発展を目的として、NPO法人三重すまい・くらし相談室を設立いたします。

 

みえスマの法人概要はこちらへ≫